【三菱商事、ゴールドマン、マッキンゼーなど就活/ケース圧勝内定ゼミ(5/25)】26卒、27卒必見!キャリア・人生を決める新卒就活で圧勝するための心構え、ノウハウとは?早期準備で難関企業内定レベルへ引き上げます!

Posted: 2024/05/25 | By: アルファ事務局

SHARE:

あなたも外銀、外コン、商社など就活圧勝内定へ!

内定者が身につけるマインドセット、ビジネス知識、リーダーシップ、コミュニケーション能力、金融知識・ケース面接対策を徹底的に指導し、難関企業圧勝内定を目指せ!


26卒大学生に特におススメ!


アルファクラス(選抜)で実施のゼミを一部公開!以下のような質問にも答えています!


ゼミで寄せられた質問(一部)

・総合商社とコンサルのケース対策の違いってなんですか?


・将来的に日本のエンタメコンテンツと海外の市場を接続するような事業を自分で行なっていきたいと考えています。そのための第1ステップとして、外資マーケ(USJなど)を志望しております。この流れはmake senseでしょうか。それとも外資コンサル等を経由した方がいいのでしょうか。


・どの企業を志望するにしても将来のビジョンを具体化する必要があると思いますが、面接の際に聞かれた場合、セカンドキャリア以降にまで具体的に触れても大丈夫なのでしょうか。


・外銀のアセマネ部門の内定をとるために強いガクチカとは


・有名ではない海外大にいます。ボスキャリにおいて、所属大学名はどれほど選考に影響を与えますか?


・今海外大学の1年間終えて、夏休みに入ってるのですが、ボスキャリでBIG4などのインターンを取ることは可能ですか?学校のアドバイザーには来年のボスキャリが本番と言われたのですが、どう思われますか?





前回は以下のようなご感想をいただきました!


アルファクラス1期生の感想(一部)

・今回のゼミでは入住さんの視点に驚きました。自分が求めていることは常に自分の中にないから、行動しない限りなにも見つけられないということを学びました。

・プロフェッショナルとしての態度に関する点を学びました。メールを5分以内に返信することや利益の追求に貪欲な姿勢がとても印象的でした。メールは相手を待たせないようにするためにも5分や2分程度が望ましいとわかりました。

・USJのように具体的な例があり、非常にわかりやすかったです。他社との利益の奪い合いに貪欲である必要があると理解しました。自分としては、Alphaから来たメールをなるべく早く返答するようにより心掛け、より利益追求に対してドライであると面接や履歴書で述べようと思います。

・今回のゼミでは就活において、相手が自分に求めているニーズを理解する必要があることを学びました。自分が何の枠で期待されているのかをまず理解する必要があり、思った以上に戦略的に望まないとトップ企業内定を取れないと思いました。

・ボストンキャリアフォーラムに参加するつもりですが、そこでは英語ができるのは当たり前なので、差別化にならないと気づきました。能力+αとなるようなアピールポイントを考え、自分がどのような期待をされているのか客観的に考えます。



早速参加者はどんどん圧勝内定に向けて準備されています!


就活圧勝したい大学生は、今すぐ御覧ください!

視聴はこちらから!


ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

人気のカテゴリー

圧勝キャリア獲得 19

アルファ特訓 1

総合商社圧勝内定 33

ボスキャリ圧勝内定 13

α 5Key Questions 5

欧米アジアMBA圧勝合格 9

外資金融圧勝内定 21

起業 9

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

プライバシーポリシー   メンバー規約   特定商取引法に基づく表示