【Duolingo】Duolingo試験基本情報+Readingセクションの概要と問題演習

Posted: 2021/06/14 | By: 高橋 拓実

SHARE:

Duolingoの試験は最近徐々に需要が高まりつつあります。

受験の手軽さや費用の手頃さ等もあり受験人数は徐々に増えてきていますが、Duolingoは決して点数が取りやすい試験という訳ではありません。


Duolingoの大きな特徴の1つは、

「正答すればするほど次の問題が難しくなる」ということです。

最初の問題で正答率が高ければAIの判断で次周(次に同類の問題が出るとき)の問題レベルが上がり、AIがその受験者のスコアを判断できる結果が出るまで問題が続きます。なので問題数も受験者ごとに一定ではないわけですね。


Duolingoの試験は4技能試験です。

TOEFLやIELTS、英検同様に4技能それぞれのセクションの力が試されます。


しかし幸か不幸か、Duolingoの読解問題は読解ぽくありません。

(今後Duolingo側が試験形式を大きく変えない限りは)問題タイプは大きく2つです。

1)パッセージ穴埋め問題

2)実在単語選択問題


これはDuolingoの試験が簡単だと言いたいわけではありません。

前述の通りDuolingoの試験は「正答すればするほど次の問題が難しくなる」方式を取っており、皆さんが狙うであろう125点ラインを考えると、徐々に穴埋めも単語選択問題もレベルアップしていきますが、8割強の正答率は求められます。


このノートではReadingセクションに属されるタイプの問題を見ていきましょう。













ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

人気のカテゴリー

総合商社圧勝内定 18

外資金融圧勝内定 13

ボスキャリ圧勝内定 4

圧勝キャリア獲得 8

α 5Key Questions 5

欧米アジアMBA圧勝合格 5

起業 9

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示