【IELTS/TOEFL学習基礎】Paraphrase問題演習 6回目

Posted: 2021/07/02 | By: 高橋 拓実

SHARE:

Paraphrase特訓 6回目


Paraphraseの重要性は常々語っていると思います


言い換えできる範囲が増えなければ、エッセイの中での文章が単調になってしまいます。また表現力が無いと、文を書くという作業にかかる時間そのものも伸びてしまい、文章をつらつらと書くことができないといったことになってしまいます。


paraphrase練習の素材は実は何でも良いのですが、最初のうちは柔軟に素材を見つけることができないという人も多いと思われます。


なのでこのノートではparaphraseの問題と解答例を提供したいと思います。


今回は6レッスン目です。それぞれの問題につき2~3個言い回しが出るのが理想です。



今回はどれも重要度が非常に高いので、実践に必ず活かしてください(活かせるケースが多いです)。



Q1) 彼はparaphrase(をすること)は意味がないと考えているが、実際はとても重要である。



Q2) テニスのことになると、この国でこの学校に及ぶところはない。



Q3) 20世紀の初期は以前では想像もしなかったような科学や技術の発展を遂げた時代であった。














ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

人気のカテゴリー

総合商社圧勝内定 18

外資金融圧勝内定 13

ボスキャリ圧勝内定 4

圧勝キャリア獲得 8

α 5Key Questions 5

欧米アジアMBA圧勝合格 5

起業 9

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示